税理士法人シンワ会計社は、企業および事業者、そして一般納税者に対して、税務・会計サービスの提供を行っております。常に信頼される質の高いサービスをご提供することを目標においております。


  • 当事務所のお客様には医師、歯科医師の方が多いのですが、開院される診療科目により、またドクターの診療方針などにより、開業から安定的な医院経営が実現できるまでの期間の年数にだいぶ差が出てきます。

    開院から1年間程度で経済的に安定した運営を実現された医院もあれば、院長先生の診療方針から、相当数の患者さんが来院されるまで4年以上かかった医院もあります。
    また初期投資がかなり大きかったために、やっと安定した運営ができるまでに10年近くを要した医院もあります。

    これから開業されるドクターは、これらの問題について事前に開業シミュレーションをされることをお薦めします。このシミュレーションを行っておけば、開業時そして開業後の状況がより具体的に感じられます。
    また計画通りに医院運営ができれば安心できますし、当初予測した状況と現実が異なる場合には、計画と照らし合わせてどこに問題があるのかが明らかになります。

    当事務所では、医院・歯科医院の開業について、開業後に当事務所のお客様になって頂きますことを条件に、無償で医院・歯科医院の開業シミュレーションを実施しております。

    具体的な方法は、文書計画として「医院の運営方針」、「開業立地選定」、「開業までのスケジュール」を作成します。
    次に数値計画として「収入計画」、「テナント計画」、「医療機器・内装・設備計画」、「人件費計画」、「広告計画」、「経費計画」、「資金調達計画」を作成し、それらを最終的に「損益計画」と「資金計画」にまとめ、医院の運営の収益性と安全性を検討します。
    そして問題があればドクターとお話をしながら、計画を修正し、合理的で、実現可能な計画を協力して作成していくことになります。

    開業を考えていらっしゃるドクターにぜひご利用をお願いします。


  • 事業の経営単位には大きく分けて法人形態と個人事業形態の二つがあります。
    法人設立・個人事業それぞれのメリット・デメリットについてはこちらをご覧ください。
    設立開業・日常業務・毎年の決算を経て経営者は事業を発展させていきます。
    そして経営者の方がご高齢となった場合には、確実な事業承継を実現することにより、創業者の方の理念を次世代に受け継いでまいります。
    創業者・経営者・社員、関係者全ての方の『夢』を乗せながら事業の発展はゆっくりと確実に実現していくものと考えております。私たちはそのサポートをさせて頂けること、共に成長させて頂けること、そして『夢』を実現したお客様の笑顔に出会えることに喜びを感じております。
    【 業務内容 】
    ◎ 会社設立
    ◎ 仕訳記帳
    ◎ 給与計算・年末調整
    ◎ 資金繰計算
    ◎ 経営相談
    ◎ 納税予測
    ◎ 決算業務・税務申告
    ◎ 税務調査立会
    ◎ 個人事業者の確定申告
    ◎ その他会計業務全般
    ◎ 相続・贈与・事業承継


  • 私たちは医業経営者の皆様の『夢』を大切にしたいと考えています。大きな『夢』をもち、そこに至るイメージを明確にすることが『夢』を実現するための第一歩であると考え、長年ノウハウを培ってまいりました。
    医業経営者の皆様の『夢』を共に追い、その実現に少しでもお役にたてることが私たちの喜びです。
     
     医療経営のスペシャリストとして雑誌掲載されました。


    【 業務内容 】
    ◎ 新規開業のサポート
    ◎ 開業後の収支予測
    ◎ 医療法人化へのサポート
    ◎ MS法人の併設
    ◎ タックスシュミレーションと節税
    ◎ 医療法人の各種届出事務


  • 急速に高齢化が進む我が国における高齢者介護施設・保育所施設・障がいを持った方の自立支援施設、これらの社会福祉施設は必要不可欠なものであり、また更なる福祉水準の引き上げが今後の大きな課題でもあります。

    社会福祉法人は国や自治体からの運営補助金などが交付されることから、会計基準は厳格に規定され、普通法人と比較して独特な体系となっています。そのため経理事務に精通するエキスパートの育成は大きな課題であり、当社ではその必要性を重視して社会福祉関係の業務に対しても積極的に取り組んでおります。

    また、NPO法人福祉総合評価機構の実施する社会福祉会計簿記認定試験についても早くからその重要性を認識し、当事務所のスタッフが社会福祉簿記研修の講師を務めております。
    【 業務内容 】
    ◎ 月次会計監査
    ◎ 月次財務三表の作成
    ◎ 決算書・行政機関届出書類の作成
    ◎ 予算計画書の作成
    ◎ 行政機関による監査への対応
    ◎ 新たな設備投資等のご相談対応
その他の付随・関連業務についても取り扱っております。お気軽にご相談ください。



このページの先頭へ戻る
法人設立・個人事業それぞれのメリット・デメリット
法人設立の最大のメリットは法人税の税率が、個人事業者に適用される所得税の税率と比較して、低く設定されていることから税金負担が小さいことが挙げられます。法人税の税率は地方税等も含めて最高でも40%前後ですが、所得税の場合は地方税と合わせた場合、最高で50%の税率となります。この差は計上される利益が大きくなればなるほど顕著になるため、事業規模が大きく多額の利益が計上される事業者の場合には、法人形態がより有利になると考えられます。
ただし、所得税は累進税率(所得が大きければ大きいほど高い税率となること。)となっており、利益が少額である場合は個人事業形態をとった方が有利となる場合もあります。

その他の法人形態のメリットとしては、個人事業形態と比較した場合に社会的な信用があるため、融資の実行の際に利点となります。
逆に法人形態のデメリットとしては、設立時の事務が煩雑であることや、登記費用の負担があること、また社会保険への加入が義務付けられていることが挙げられます。

また、役員に対する給与の支給については法人税法で細かく規定されており、支給額の改訂や賞与の支給については注意が必要です。

法人設立・個人事業、それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、依頼者の方のご希望に沿ったうえで最良の方法をご提案させて頂きます。